ビジネスマンの間では異業種交流会が活発

インタ-ネットの目覚ましい発達は、人と人の出会いのチャンスをより多く実現させることに貢献してきました。
中でも最近よく目にするのが、異業種交流会という言葉です。
異業種交流会には異性との出会いを目的としたものと、ビジネス系と呼ばれるビジネスマン同士の交流の場を設けることを目的としたものがありますが、特にビジネスマンの交流会が活発に行われています。

ビジネス系の交流会では、利用の仕方によっては大きなメリットを生み出すことができます。
異業種とうたわれているくらいですから、参加者の中に普段の生活の中ではなかなか出会う機会がない、自分とは全く関係ない分野のビジネスマンを見つけることができるでしょう。

そしてその出会いがひとつのきっかけとなって、思ってもみなかった人脈ができたり異なった業種の人の意見を聞くことも期待できるのではないでしょうか。
中には過去に大手の企業で活躍していたなどという人もいて、有益な情報を得ることもできそうです。
また、異業種からの客観的な指摘を受けることで、今まで当たり前だと思っていた自分のビジネスに対する視点を今一度見直す良い機会となるかもしれません。

そういった異業種交流会に活発に参加することは、新しい情報を得たり人脈を作ることに大変役に立ちますが、その一方で気をつけなければならないこともあるということを覚えておいてください。
交流会の参加者はさまざまなジャンルの人がいます。
フリ-ランスの個人事業主から現在は会社に所属してはいるけれど近い将来独立を考えている人、またビジネス情報も欲しいけれど実は異性との新たな出会いも期待している人など千差万別です。
そんな状況なので、中には名刺交換をしたためにしつこい勧誘にまで発展してしまったというケ-スもあります。

名刺交換をした翌日から仕事中にもかかわらず、先方からひっきりなしにアポ取りの電話がかかってきて迷惑したという話は枚挙にいとまがありません。
そしてこういったトラブルはそういった被害に遭わないためにも、管理がしっかりとしていない交流会は避け、交流会に参加することを決めたら実績等を事前に調べることをおすすめします。
口コミや評判を読めばある程度の状況はわかるはずです。
それから名刺を交換する際に、はっきりと勧誘行為には応えることができない旨を伝えておくというのも良いでしょう。
それでも電話がかかってきたりするかもしれませんが、その際にはきっぱりと断ってください。

異業種交流会は上手に利用すれば自分の当たり前が目から鱗というように斬新な意見や情報交換が可能となり、また人脈を広げる意味でも絶好の場所です。
参加してよかったと思える交流会を事前に吟味して選ぶということが成功につながる大きなポイントなのではないでしょうか。