出会い系サイトは現在もなお利用者はいるのか

出会い系サイトはかつてトラブルの温床となるということで悪い意味で有名になっていました。
例えば女性会員が多く在籍していると思えば実は金で雇われた中年男性のサクラばかりがメールの返信をしていたというのは有名な例です。
メールの返信料金をふんだくり、いくら課金をしても決して出会うことができないということで問題視されていました。
ただこれはまだ序の口です、お金だけでは解決しないトラブルも多く発生しています。

出会い系サイトは真剣に結婚相手を見つけたいという女性も登録することがありますが、中には結婚詐欺をする悪質な輩もいました。
サイトでは偽名を使い、偽のプロフィールを使い女性に甘い言葉で近寄り結婚資金と偽り大金をふんだくります。
他にも性交だけが目的で登録する人もおり、人の心を踏みにじり大きなトラブルが生じたことも少なくありません。
ひどい場合は既婚者が利用することもありました。
完全匿名性のサイトであれば既婚者でも独身を偽ることは難しくなかったからです。
既婚者でなくても恋人もちの人が浮気相手を探すために利用することもありました。

このような悪質な事件が多数発生してきたこともあり出会い系アプリイコール危険と言う認識が広まっていきましたが現在の利用状況はどうなのでしょうか。
実は出会い系サイトやアプリは今女性の利用者が右肩上がりになっています。
男性利用者に追いつく勢いになるほどまでに。
用心する人が増えたこともあり出会い系サービスを提供する側も対策をしてきたからです。
まず完全な匿名性ではなく実名制で本人確認書類を提出してからでなければ登録できないところも増えています。
勿論既婚者かどうかの確認をしていますので不倫目的の人は利用できません。

大手の会社も出会い系サービスに進出しているのも女性利用者が増えた状況に関与しています。
今までは出会い系と言えば聞いたこともない会社が運営していることが多かったのですが今では巨大ポータルサイトや結婚情報誌の運営母体などもこのサービスに着手しており人気です。

勿論危険な出会い系サービスが完全になくなったわけではありません。
しかし完全に安全なサービスができて事が現在の出会い市場を確保しています。
今まで出会い系サービスに抵抗のあった方も現在の健全で安全なサービスがあれば安心して参加できるでしょう、実際にこれらのサービスで恋人を作ったり結婚に至ったという事例もたくさんあります。